病院以外の看護師の職場

多くの方が看護師さんに接する中で感じた体験談として「病院以外の看護師の職場」をテーマにお届けします。

病院以外の看護師の職場

看護師と言えば、病院で働いている方がほとんどと思われがちですが、最近では看護ニーズの広がりによりさまざまな場所で看護師が活躍しています。病院以外の看護師の主な職場としては、診療所やクリニック、介護施設、保健所、訪問看護などが挙げられます。

診療所やクリニックにおける看護師の仕事は医療行為のサポートが主でその他雑務などをこなしています。仕事内容は病院とほぼかわりませんが、夜勤などがないことが特徴と言えるでしょう。

高齢化がますます進んでいる日本にとっては介護施設で働く看護師は今後も増加し続けていくでしょう。介護施設では、看護師以外にも、ケアマネージャーやホームヘルパー、理学療法士などさまざまな資格をもった人とともに協力しながら働いています。その中で看護師は医学的な見地からお年寄りの健康を管理し、支える大切な存在となっています。

保健所で働く看護師は地域の人々に健康指導を行ったり、相談者に対してさまざまなケア活動を行うことが主な仕事になります。訪問介護での看護師は、医師とともに患者の自宅に赴き、医療行為のサポートや身の回りの世話の補助、心のケアなどを行うのが主な仕事です。

看護師の職場は病院とイメージしがちですが、実は色々な場面で看護師は活躍しているのです。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る