看護師はなぜ転職するのかの理由

看護師求人募集.netが転職・就業活動のお役立ち情報として転職する理由についてお教えします。

看護師は転職するのはなぜ

■理由は待遇面のへの不満
2006年の診療報酬改定により、看護師の配置基準が改定され「看護師1人に対して受け持つ患者は7人」と新基準が設けられ負担は軽くなりました。しかし、この新基準の設定により、大規模な病院と地方の病院とで、給料や有給休暇などの待遇面による格差が生まれてしまいました。それにより、待遇面に不満を持った看護師が転職して病院を移るといった状況が出てきてしまったのです。その他にも、看護師が転職する理由はいくつかあるようです。

■肉体的・精神的な疲労から
やはり、体力的に負担が大きいというのが、転職に対する大きな理由の1つです。ほぼ一日立ったままの状態が続くこともありますし、夜勤があることにより生活が不規則になり、慢性的な疲労を抱えてしまうこともあります。それに、患者の命を預かっているという精神的なプレッシャーを受け、緊張状態が続いてしまう過酷な状況にも置かれます。その他にも、女性の多い職場であり、人間関係に悩まされる看護師も多いようです。このように、肉体的にも精神的にも追い詰められてしまうというのは、看護師にとって常につきまとう問題であり、転職を考える理由となり得るのです。

転職に対する前向きな理由もある?

しかし、転職に対してはこうしたマイナス面だけではなく、個人のスキルアップを目的とした考え方もあります。「もっといろんな経験がしたい」、「他の病棟、診療科、医師のもとで学びたい」という理由で前向きに転職を考える看護師もいます。他にも、結婚や出産による家庭の事情での転職もあります。しかしこの場合は、子どもが産まれたことにより、夜勤の体制、時間の融通が利かないという点から、もっと環境の良い病院を探すケースが多いようです。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る