看護師になるための専門学校とは一体どんなところ?

看護師として働くための資格を取得できる専門学校のことについて詳しく見ていきましょう。

看護師の専門学校

看護師になる為には、看護師の国家試験を受験し合格する必要があります。さらに、看護師の国家試験を受ける為には、一定の専門的な教育を受ける必要があります。一定の専門的な教育とは、高等学校の衛生看護課や看護専門学校、短期大学の看護課などいくつかの選択肢があります。

その中でも、最も一般的で実績も多いのは看護専門学校に通うケースです。実際に看護師の4割程度は看護専門学校の卒業生だという調査結果もあります。

看護専門学校は3年制で、きちんと単位を取得して卒業することにより看護師の国家試験の受験資格が得られます。看護専門学校では、看護師の国家試験の合格に必要な科目や実習を中心にカリキュラムが組まれており、さらに学習時間の3割程度が看護実習となっているので、卒業・試験合格後即戦力としての活躍が期待できます。

保健師や助産師を目指している人も初めは看護専門学校に通っていて、卒業後ざらに保健学校や助産師学校に進学していく人も多いと言います。

看護専門学校には、国立、公立、医療法人や学校法人などがあり、特色も学校によってさまざまです。看護専門学校への入学を目指す場合には、事前にそれぞれの特色をよく理解しておくことが大切です。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る