専門看護師のことをよく学ぼう

看護師の入門情報として専門看護師の役割などについて詳しく知っておきましょう。

専門看護師の意義と役割

看護師の認定制度のひとつに専門看護師という認定資格があるのをご存じでしょうか。

専門看護師とは、困難で健康問題を抱えた人に対し、より質の高い看護を提供する為の技術や知識を備え、特定分野において卓越した看護実践能力を保有している看護師で、日本看護協会が実施する専門看護師認定試験に合格した看護師のことを指します。

専門看護師は、看護系大学の大学院修士課程に専門の教育課程が設置されており、その修了及び実務経験の実績・年数等から日本看護協会が認定を行っています。

専門看護師の認定期間は5年間となっており、5年ごとに研究成果や書類などの更新手続きが必要となっています。

専門看護師に求められる役割としては、実践、教育、研究などがあります。

実践については、専門看護師が保有する高い看護技術を以て、より高度な看護を実践することが求められます。教育については、専門看護師が保有する高い看護技術や豊富な知識を、部下、後輩、若手看護師などに教育、あるいは実地研修等を通じて、育成することが求められています。

研究については、専門知識の向上や新技術の開発などの研究、実践活動などが求められています。

看護師を目指している方であれば、当然専門看護師を目指して自分自身を高めていってもらいたいところです。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る