看護師の給料

看護師求人募集.netが転職・就業活動のお役立ち情報として看護師の給料についてお教えします。

看護師の給料について知ろう

■高い初任給にも不満が?
看護師が転職や就職を考えるにあたり重要視するのが、「働きやすい環境」と「できるだけ高い給料」という点です。就業先や勤務形態にもよりますが、初任給はおよそ25万円前後。看護師は専門職ということもあり、一般のサラリーマンよりも初任給が良い場合が多いようです。しかし、休みは不規則で、しかも夜勤まであり、体への負担を考えると、その給料は決して高いとは言えず、現在の給料に満足している看護師は少ないのです。

■同じ看護師でも給料は様々
看護師には、准看護師と正看護師があり、やはり准看護師の方が給料は低くなりますが、こなしている仕事量や内容はほぼ同じであるため、同等の給料を求める声も上がっています。また病院にもよりますが、同じ正看護師であっても、看護大学卒か短大専門学校卒であるかで、給料に差が出るところもあるようです。

夜勤手当で高収入を!

夜勤をすると、通常勤務の給与の他に、夜勤手当というものがつきます。その金額がどれぐらいなのかというと、三交代制の病院を例に挙げると、勤務体制は、日勤・準夜勤・深夜勤と分かれ、準夜勤には平均で3,500円、深夜勤には4,600円がつきます。これも病院によって差はありますが、夜勤手当を目的に、高収入を得ようと考える看護師も少なくはないようです。勤めている病院が救急指定病院であった場合、夜勤であっても忙しく、手当もさらに増えて2万円を超えるようなところもあります。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る