転職サイトへの登録は必須

看護師専門の求人・転職サイトへの登録が必ず有利になるその理由を詳しくガイド致します。

転職・求人サイトへの登録をおすすめする理由

求職者に代わって給与や勤務形態などの条件を交渉してくれたり、希望する求人先の雰囲気や離職率などの生の情報を提供してくれたりと、求職者にとってメリットの多い転職サイト。最近では、転職が決まった人に転職支援金と呼ばれるお祝い金を支給するサイトもあり、何かとうれしい特典がいっぱいです。ただし、これらのサービスを利用するには、登録しなければなりません。

登録の際、「登録票」「求職票」などサイトにより呼び名は異なりますが、登録フォームに記入します。フォームには氏名や住所・連絡先などの基本情報の以外にも、看護師の場合なら、希望職種や施設形態、勤務先体型などのこだわり条件や看護師としての職務経験なども記入します。また、得意分野や特記スキルの他、なぜ前の職場を退職したか、したいのかといった退職(転職)理由を書く欄もあります。

転職サイトで仕事を紹介してもらう際、登録が必須になる理由は、こうして記入した内容によって、求職者にも求人先にとっても、いかにマッチした案件を紹介できるかの判断基準のひとつとなるからです。

例えば、希望職種覧に「今までは脳神経外科での勤務が多く、他の科での経験は少ないものの、今後は看護師としての幅を広げていくため、また子供が好きなこともあり、小児科での勤務を希望します」といった内容が書かれていることで、とても意欲があり転職で看護師としてのスキルアップを望んでいることが理解できます。

また、転職サイトには非公開の情報を多数抱えているサイトもあります。非公開情報とは、新聞や求人情報誌など一般に公開していない情報ということです。こうした情報は、競合他社に知られたくない極秘情報もありやたらに公開することができないため、登録した身元の確実な人にのみ公開するためでもあります。また、非公開情報の中には、応募が殺到するのは避けるため一般公開をしていない情報も入っています。

尚、登録には個人情報を入力しますので、プライバシーマークを取得している転職サイトを選んだほうがいいでしょう。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る