認定看護師について詳しく学ぶ

看護師の基礎知識として認定看護師の意義や役割のことを知っておくと良いでしょう。

認定看護師の意義と役割

看護師は幅広い業務に従事し、医師や患者・家族などの橋渡しとなり、病院やクリニックにおいてはなくてはならない存在となっています。

そんな看護師の資格のひとつに認定看護師というものがあるのをご存じでしょうか。

認定看護師とは、日本看護師協会の認定看護師審査に合格したある特定の分野について熟練した看護技術と豊富な知識を持った看護師のことを指します。

認定看護師の役割としては、大きく3つあるとされています。

まず、一つ目が看護の実践です。
認定看護師はある特定の分野において熟練した看護技術を保有していることから、実際の看護現場において、高い水準の看護を実践することが役割として求められています。

二つ目が看護の指導です。
認定看護師が保有している特定分野における熟練した看護技術や豊富な知識を以て、部下や後輩、若手看護師などに対して、看護の指導を行うことが役割として求められています。

三つ目が看護師の相談業務です。
認定看護師は熟練した看護技術と同時に実践で培ってきた経験を持っているので、看護職に対する相談業務やコンサルテーションなどを行い、個人あるいは病院全体を改善させる役割を求められています。

認定看護師制度は一般的にはあまり知られていませんが、病院内で重要な役割を担っていると言えるでしょう。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る