ナースの面接で頻繁に聞かれること

お役立ち看護師求人募集情報の基礎知識として「ナースが面接で聞かれること」についてお教えします。

就業・転職活動時の面接でよく聞かれること

看護師の面接でよく聞かれる質問には、以下のような項目があります。

1.なぜ以前の病院を辞めるのか?
退職理由を聞くのには、また同じ理由で辞める可能性があるのでは?と判断する材料となるからです。単に「人間関係がうまくいかない」「上司が理解してくれなかった」などの理由は、人間関係をスムーズにいかせるための能力に欠けているということです。きちんとした退職理由を説明できるようにしておきましょう。

2.なぜこの病院を選んだのか?
志望動機については、自分の視点で具体的に伝えることが大切です。「この職場でこうなりたい」という前向きな動機を、明確に説明できるよう整理して考えておきましょう。

3.採用になった場合、いつから働けますか?
採用する側にとって気になるのが入職時期です。現在、すでに失業中であれば「すぐに働くことができます」と答えましょう。まだ勤務中であれば、いつ退職できるのかを伝えます。ただし、現在の職場の状況を考える必要があります。「もう辞めるのだから」といういい加減な態度ではなく、退職する日まできちんと勤務し次の職場に移れるよう、職場の上司や担当部署と調整しましょう。

面接に臨む際の心構えや服装

面接の最後に、「何か質問はありますか?」と聞かれることがありますが、これは面接で自分をアピールできる最後のチャンスともいえます。面接官に熱意を感じさせるような質問を用意しておきましょう。

面接では、看護部長が面接官となることが多いようですが、多くの患者さんやそのご家族、医師や看護師を見ているだけに、人を見る目が肥えています。面接では、質問に対して明確にハキハキと明るく答えることが大切です。さらに第一印象が重要です。初対面の相手に好印象を与えるのは、会話そのものよりも表情で決まります。

そのパーセンテージは55%といわれています。清潔感やさわやかな印象、笑顔はもちろんのこと、質問によっては真剣な表情で答えるようにしましょう。また身だしなみも大切です。メイクは派手にならないようナチュラルメイクにし、アクセサリーは極力控えること。服装もベーシックなスーツが良いでしょう。ロングヘアーの場合は、必ず束ねてスッキリとまとめましょう。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る