病院を看護師目線で語ります

いつもは患者の視点で病院を見てしまいがちですが、看護師の職場としてみたらどうなるのでしょうか。

看護師の職場としての病院

看護師の職場として一番最初にイメージされるのは病院ではないでしょうか。多くの人が抱くであろう看護師の職場のイメージの通り、看護師の最も一般的な職場は病院です。

病院で働く看護師は入院患者と通院患者、そのほか面会者等さまざまな人たちをケアすることが主な職務となります。病院で看護師は入院患者に対して、24時間で患者の状態を観察したり、身の回りの世話をしたり、体から心のケアまで全般を担っています。また、それらの活動から得た情報などを医師へ報告したり、改善提案、治療方針の相談等も行います。

一方、通院患者に対しては、医師の医療行為のサポートを主な仕事として行います。採血の注射などはほとんど看護師の仕事となっています。

また、看護師は患者まわりの仕事だけでなく、患者の家族などの面会者に対しても、病室の案内を行ったり、病院のさまざまな雑務的な職務までこなします。

病院は基本的に24時間年中無休ですので、働いている看護師は交代制で勤務をしています。患者の前ではいつも笑顔で優しく接してくれる看護師達ですが、実はかなりの重労働で、色々なストレスをため込んでいることでも有名です。

最近では病院以外にも看護師が活躍するフィールドが広がってきていますが、病院に勤めている看護師が一番多いのは確かなことでしょう。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る