転職の成功例と失敗例

看護師求人募集.netが転職・就業活動のお役立ち情報として看護師の転職の成功例と失敗例についてお教えします。

看護師の転職・就職時の成功例と失敗例

■転職することが良いとは限らない?
肉体的・精神的な負担から解放されるため、もしくは自身のスキルアップのため、と転職の理由は様々です。もちろんより良い環境を選んで職場を選択するわけですが、必ずしも自分の希望通りの病院であるとは限りません。入ってみて、初めて気付くことも多々あるはずです。「前の病院の方が良かった…」ということもありえます。転職したことで良かったこと(成功例)、または悪かったこと(失敗例)にはどんなものがあるのでしょう。

■転職して良かったこと
成功例として聞かれるのは、入院施設がなく夜勤のない病院に転職された方からは、「睡眠時間をしっかりと取ることができ、疲れもなくなり体調が良くなった」、「ゆとりを持って、1人1人の患者とじっくりと向き合えるようになった」、「穏やかな医師が多く、余計なストレスを感じなくなった」などの声です。また、総合病院から、中規模な病院に転職された方からは、「夜勤の回数が少なくなった」、「休みが週に2日、必ず取れるようになった」と、メリットに時間的余裕を持てるようになったことを挙げている方が多いようです。

転職も簡単ではない…

失敗例としては、夜勤のない日勤のみの病院に転職された方からは、「清掃などの衛生面は看護師に任されていて、洗濯を自分でやらなければならず雑用が増えた」。総合病院から中規模病院に移った方からは、「充実した設備がなく、それを扱う医師も少ないため、CTの撮影や、リハビリの機械操作も看護師の仕事になった」、「働いている看護師も少ないため、すでに輪ができていて、その中に入りづらく良い人間関係を築くのが難しい」などが挙げられ、それらの意見から、転職することが一概にも良い方向に進むとは限らないことが分かります。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る