看護師も大きく分けると二つあります

ナースさんにも資格の違いで正看護師と准看護師に分けられると言うことを知っておきましょう。

正看護師と准看護師

看護師と言えば、白衣の天使などと呼ばれて、女性の憧れの職業のひとつとして有名ですね。現在では、比率としては女性の方が多いものの、看護師を目指す男性も増加してきており、白衣の天使というような表現はあまり使われなくなりました。

そんな看護師という職業は大きく分けて正看護師と准看護師に分かれます。

正看護師は、高等学校の看護衛生課や、看護専門学校、短期大学、看護系大学などで専門的な教育を受け卒業した後に看護師の国家試験を受けます。国家試験に見事合格すると厚生労働大臣から看護師免許を許可されて晴れて看護師となることができます。

一方、准看護師の場合は、准看護師養成学校や高等学校の衛生看護課などで看護に関する基礎知識を学び、卒業後に国家試験ではなく、各都道府県で実施される准看護師試験を受け、見事合格すると各都道府県知事から准看護師の免許の交付を受け准看護師となることができます。

正看護師と准看護師には、国家資格と都道府県知事免許という大きな違いのほか、細かい違いはありますが、実務的には大きな違いはないとされています。

しかし、病院によっては、明確な待遇の差などがあり、そういったことが問題とされるケースもしばしばあるようです。












>> 最新の看護師転職サイト人気ランキングをもっと見る